■Android版
「Yahoo!ボックス」を利用して公開しております。
当ブログ「更新情報」カテゴリの記事中のリンクからダウンロードしてください。

■WindowsCE版
このブログにはzip形式のファイルをアップロードできないため、以下のサイトにて公開中です。
KifuReader公開サイト
(http://www.geocities.jp/kifu_reader/index.html)

今後はWindowsCE版、Android版ともに
 更新情報:当ブログ
 ファイルの公開:Yahoo!ボックス
 ヘルプ:FC2Wiki(開設予定)
に移行し、geocitiesのページは閉鎖する予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブラリ・履歴機能について

今回のライブラリ・履歴機能に関するとりとめもない雑記です。
(時間が無く、まとまりのない箇条書き程度の内容ですが参考までに)

1.全般

データベース機能が必要かどうか?

クラウドコンピューティングが盛んなこの時代に ローカルで大量の棋譜ファイルをデータベース化するのもどうか。

→需要はあるかと思うので実装

2.データベースファイルについて

履歴とライブラリを一体化するかどうか?

→一体化したいが、しない

データベース化する棋譜ファイルの対象範囲

ユーザが指定したフォルダのみを対象とするか、一般的なメディアプレーヤーのように端末全体をスキャン対象とするか。
端末全体を対象とした方がプログラムも容易でUIもシンプルであり、本当はそうしたい。
→ユーザが指定したフォルダのみを対象とする。
(理由)棋譜ファイルはほぼ一箇所にまとまって保存されているはず。

データベースファイルを複数扱えるようにするか?

たとえば、プロ棋譜と自戦譜を別々に管理したいような場合に複数のデータベースファイルを扱えたほうが便利。
→しない
(理由)煩雑すぎる

データベースの保存先を指定できるようにするか?

→しない
(理由)煩雑すぎる。

ZIPなど圧縮ファイルからの登録

→対応しない

3.データベースの内容について

棋譜の種類による分類

→対局棋譜と詰将棋は分離する。
 それ以外、例えば定跡解説用の棋譜や次の一手問題のような棋譜については、  棋譜ファイルの仕様上に存在しないため判別基準が難しく実装していない。  分けることも可能。

データベース項目の採否(棋譜情報に関するもの)

対局棋譜については、CSAやKIF/KI2の仕様に存在する項目を採用
詰将棋については、仕様が存在しないためKifu for Windowsの詰将棋情報入力欄にある標準項目を採用

不採用項目
「タイトル」:検索に適した形式で入力されていない
「終了日時」:一日制/二日制の判別などに使えるが不要
「掲載」:不要
「棋戦詳細」「先手戦術」「先手戦型」など:棋譜ファイルの標準仕様外となるため不採用
「指し手コメントの有無」:指し手部分は読み飛ばしているので不可能

データベース項目(ユーザー情報に関するもの)

「既読|未読」:内部的には閲覧回数として保持
検索画面上では[未読|既読]

「分類」
・評価、星
・お気に入り、ブックマーク
・タグ、キーワード
→評価のみ採用
(理由)内部データもUIも最もシンプル

「手数(再生位置)」
・前回の再生位置
・過去の再生位置
→未採用、検討中
今のところアプリの終了処理が不完全なものとなっており、実装しにくい。

データベース項目の自動的な補正や補完について

「先手」「後手」「棋戦」「場所」欄の標準化
入力上のぶれがあり検索の障害となる。
(全半角スペースの有無、段級位や冠位などの付記の有無、数字の種類[全角|半角|漢数字]など)
→プログラム内で自動的に標準化(不要な文字列の除去などの変換処理)をする。
 その際に変換漏れや誤変換の副作用もあるが止むを得ないものとする。

「戦型」の自動判別
「戦型」欄が空白の棋譜ファイルが多いのでそれを自動補完するような機能
→しない。
(理由)読み込み速度の理由により指し手を一切読み込んでいない。

各項目の内容を個別に編集できるようにするか?

たとえば、標準化されなかった対局者名を修正したり、 戦型情報を手入力して補完できるようにするか?
→しない

4.UIについて

メインメニューからの階層

階層が深いと少し不便
三階層目(2回タップしてさらにスワイプしないと一覧に辿り着けない)
(理由)内部処理上の理由

更新などのデータベース操作を行う場所

・メニュー(対局棋譜と詰将棋棋譜の選択画面)の下部の空きスペース
・設定画面
→設定画面
(理由)内部処理上の理由

検索条件のユーザーによる入力

入力文字列による検索、対局日や手数の範囲指定による検索、フリーワード検索など
→実装しない
(理由)
・内部処理上の理由
・UIが煩雑

検索条件の保存

→未実装、実装予定

グリッド表示

→未実装、検討中

サムネイル上での盤面操作

手数の変更、反転など
→未実装、検討中

フォルダ毎の更新

→未実装、検討中

削除(個別、一括)

ライブラリについては更新すると復活してしまうので意味が無い。
(削除フラグをつけるなどの設計上の工夫もできるが、煩雑なのでやらない)
履歴とログに関しては未実装

複数端末での共有・同期

棋譜情報に関しては実装しない。
ユーザーの情報(評価、閲覧回数)に関しては未実装、検討中

5.プログラムの内部的な仕様について

・棋譜ファイルと棋譜情報の紐付け方法
・棋譜情報とユーザー情報の紐付け方法
・対局結果の処理方法
などについて検討中、仕様変更の可能性あり。


2015/02/15 初稿
2015/02/23 更新(ユーザー情報に関する項目について追記)

コメントの投稿

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全記事の目次を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

KifuReader作者

Author:KifuReader作者

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。